狭小土地活用で立派な住宅を建てる為に知っておきたいこと

MENU

  • 有効的に投資

    狭い面積の土地である狭小地は、不動産業界の中でも相場価格が非常に安いとして多くの人が購入しています。狭小地で不動産投資をする場合、税金なども安くで済む為、費用の面でメリットは多くあります。

  • 賃貸する際の選択基準

    賃貸物件を選ぶ際の1つの基準に最寄り駅との距離があります。特に都心においては自家用車よりも鉄道を利用する方がメリットが有る場合が多いでしょう。賃貸物件の築年数も選択基準の1つです。快適に住む為にも最低限確認したいです。

  • 最高の戸建購入の極意

    希望する戸建てを購入するには情報の収集が何より大切である。常に情報を収集し、比較することでより希望の形に沿った戸建ての購入が実現できる。メーカーのプランを選ぶのも1つの方法だろう。たまにはモデルハウスへ訪れるのもいい。

  • 戸建購入の魅力

    戸建て購入の魅力は土地と不動産の両方の資産を残すことが出来る点です。子どもたちにその資産を残すために戸建ての選択をする方も多いでしょう。戸建てには中古もあります。中古といえどもリフォームで快適に暮らせる場合もあります。

15坪以下の土地活用

どんなところで販売されているのか

狭小地とは一般的に15坪程度以下に区切られて販売されている土地のことを指します。とはいえ20坪でも25坪でも狭小地と呼ばれることもあり正確に定められた定義というのはありません。郊外の新規分譲地で大々的に販売されている土地は50坪以上あるものが多くこれと比較すると20坪でも25坪でも狭小地といえるのです。 多くは都心部や駅周辺のアクセスの便利なところが多いです。東京や大阪といった人口が集中しているところだけでなく地方でも駅に近いところに立地している土地には狭小地として販売されている土地も多いのです。土地の面積が小さいので購入する際に支払う費用が抑えられるだけでなく坪単価自体が周辺の土地よりも低いことが多いのです。合わせて変形地や建築条件の悪い場合も多くこうした土地はさらに低価格で取引されることも多いのです。

狭小地を購入する人の特徴

更地で住宅などの建物が建っていない状態で販売されているものもあれば建物が建った状態で販売されている土地もあります。狭小地の中にはもとは一つの土地であったものをいくつかに分割して販売しているものもあります。分割して一区画の面積を小さくすることで一区画あたりの販売価格を抑えることができるからです。販売価格を抑えることで予算が限られている人でも手が届き購入することができるのです。限られた予算で都心部に住みたいという人にも人気の選択肢の一つなのです。 とはいえ狭小地を購入する場合には更地の場合も建物が建っている場合にも通常の土地を購入する時以上の知識や異なった観点で選択する必要があります。たとえば狭小地は近隣の建物と密接しているケースも多く防犯対策や防音対策など一般の住宅以上に考慮する点が多いのです。